こっさんプロフィール



こんにちは!


中小企業診断士のことまです。

こっさんと呼んでください。


私は今まで中小企業診断士のコンサル活動を通じて、数多くの社長や会社を支援してきました。

その中で、中小企業診断士・コンサルタントとして支援できる喜び、感謝される喜び、支援企業が発展する喜び、支援する必要性を感じ、もっと多くの会社の支援活動をしたいと考えております。


そして、コンサルタントとして多くの会社を支援することで、日本経済の発展にも繋がる。

これほどやりがいのある仕事はないと思っております!


また、微力ながら社長や会社を支援することで、日本経済の発展・活性化の貢献のみならず、私自身の成長に繋がっているんですね!


私は大きい会社から小さい会社まで幅広く支援しております。

特に小さい会社では社長に寄り添った支援をしており、中小企業の本当の厳しさを熟知しております。


では、なぜコンサルタントとして企業支援をしているのかですが、、過去に関係があります。


過去の営業現場では、今まで多くの中小・小規模企業の社長と話をしており、社長の苦悩も知っていました。

また、売上債権回収の現場においては数々の修羅場を経験しており、その度に

「なぜこの会社はこうなってしまったのか」

「こうなる前に助ける方法はなかったのか」

「この会社を救う方法は何なのか」

とかなり悩んでいた経緯があります。


そして、「中小企業診断士」の資格を取得しても、他社どころか自分の会社すら救うことができなかったんですよね。。

なので、私は実務経験を得るためにコンサル会社に転職したんです!

  • コンサル会社であれば、ノウハウが豊富なので、様々な角度からの助言や多様な支援策で、苦しんでおられる社長、会社を救うことができる
  • コンサル会社のコンサルタントであれば、社長が従業員や得意先には話ができないことでも相談に乗れる
  • コンサル会社であれば、中小企業診断士の資格をより活かすことができ、診断士活動を通じて得られる、支援して感謝される喜び、日本経済の発展への貢献をより感じられる
  • 実務経験を積んだコンサルタントであれば、中小企業診断士の知識や、私の行動力・実行力・突破力、協調性、営業で培われた対話力や現場経験を活かし、机上の空論ではない案を、社長と一緒に考え、決断を後押しすることが可能
  • コンサル活動を通じて、中小企業経営者・小規模事業者と一緒に私もさらに成長することができる



結果、コンサル会社は辞めましたが、今では個人でコンサル活動ができるようになりました。



私には情熱、熱意があります!

ただネガティブです。(笑)


私の強み、経験と知識を今後は個人コンサルタントという立場で活かし、ネガティブ社長の相棒として支援することで、支援企業・日本経済の発展に寄与できればと考えています!!